生まれた時の気の状態から

方位磁石

九星気学では9つの気が存在しており、生まれた時に生年の気、生まれ月の気などから判断して運勢を占います。元々は中国の民間信仰に五行・干支・八卦を組み合わせた物を、明治時代に日本人が気学としてまとめ、現在のようになりました。気学では水・木・火・土・金の五行が存在しており、生まれた時の気の配置で自分の生まれ持った気質や性格、能力などがわかります。また、その人がどのような人生を歩むのかに関しても分かるといわれており、好調・不調を見極めて、自分自身の行動の指針にすることも可能です。さらに恋愛だけではなく仕事などの人間関係での相性を見極め、良いからできること、悪いから気を付けることなどを判断できるようになります。生年月日を正確に知ることでより精密な占い結果を判断できるといいますが、生まれ年と月でもある程度の判断をすることは可能です。

家の家相や吉方位を知ることができる

占い道具

九星気学を利用することでメリットとなるのは、出かけるときに吉方位・凶方位を知ることができることです。特に引っ越しや旅行をするときに方位の吉凶がわかっていれば、できるだけいい方位へ引っ越せば今までより良い運を手に入れるチャンスが来ます。また、家の家相を見ることができるため、住む人が良い運となるために必要なポイントや、気の流れ、良い運にするための方位などを判断することが可能です。単なる占いではなく幸せに暮らすために必要な生活の知恵ととらえることで、今までよりも良い運になるチャンスがきます。もちろん毎日の運勢を知り、吉凶を理解して行動の指針にすることで、凶を避け吉を呼び寄せられるチャンスを増やす可能性は高いです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中